お問い合わせ・ご相談はこちら
☎03-3856-1211
[受付時間]平日9:00~18:00
担当:営業部 前田

オリジナル手提げ袋・ビニール袋のご提案|ポリ袋ビニール袋の製作・印刷・販売は清水化学工業(株)

清水化学工業株式会社
お問い合わせ・ご相談はこちら

☎03-3856-1211

[受付時間]平日9:00~18:00
お問い合わせ・ご相談はこちら

☎03-3856-1211

[受付時間]平日9:00~18:00

オリジナル手提げ袋・ビニール袋のご提案|ポリ袋ビニール袋の製作・印刷・販売は清水化学工業(株)

清水化学工業株式会社

オリジナル手提げ袋・ビニール袋のご提案

オリジナル手提げ袋・ビニール袋のご提案

手提げ袋・ビニール袋のオリジナル製作・印刷は清水化学工業株式会社 TOP / オリジナル手提げ袋・ビニール袋のご提案

サービスの特長

写真
写真
写真

ニーズに応える企画力

サービスの特長 企画から設計、試作…お客様と最終ユーザー様の視点に立ち、新しいカタチのファッションバッグをご提案します。

柔軟に対応、小ロットOK!

急な小ロット(1,000枚~)・短納期など、お客様のあらゆるニーズに応えます。
デザインデータの中から、イメージに近いものをお選びいただき、詳細を決定していただくことも可能です。

広い倉庫だから短納期もOK!

倉庫の充実で、在庫も豊富に揃えています。
中国工場からの定期便は2日毎。急ぎのときも国内工場で対応できます。

価格競争力は、国内外の自社工場で担う

国内と中国に自社工場があります。中国マージンがかからず、為替の影響もどちらかでカバー。

自社工場という選択は品質のために

安定した当社らしい品質と価格を実現するため、自社工場にこだわり続けています。
海外に提携工場もあり、お客様に高品質の製品をお届けできるよう体制を整えています。

※既製品へのオリジナルデザインのプリント・印刷をご希望の方
既製の手提げポリ袋ビニール袋(小判抜き袋・平袋、巾着袋、片ショルダー・リュック・ショルダ―バッグ)に、ロゴマークやオリジナル印刷・プリントを行いたい方は、「デジタル印刷」のページをご参照ください。

ページトップへ

清水化学工業の強み

現在、レジ袋やファッションバッグの自社工場を国内と海外に持つメーカーは、実はほんの数社しかありません。清水化学工業は、そんな1社。そして、それには理由があります。

・ニーズに応えるとともに低価格を実現できるから。
・品質に自信と責任が持てるから。

お客様のために、メーカーならではのサービスを追求したいのです。

ページトップへ

ご提案・制作の流れ

ご依頼・ご相談
01ご依頼・ご相談
ご要望を具体化させるために、用途や見た目の詳細をヒアリング致します。
例)現行品より厚みを落としたい、使い勝手が悪いものを改善したい、等々
お見積もり
02お見積もり
ご要望に沿った内容で、お見積もりをさせて頂きます。同時に、試作品やサンプルをご覧頂き、使用感をご確認ください。ネガティブな内容もざっくばらんにお話させて頂きますので、ご検討ください。
(試作品の作成につきましては、場合によって費用が発生することがございます)
商品化
03ご発注、商品化
ご提案内容、お見積もりにご納得頂けましたら、作成に移ります。
納品
04納品
一貫生産の強みを生かし、厳正な品質管理の下、ご指定納期に納品できるよう進めて参ります。
原料、材質、用途、機能など、特殊な目的で使う別注商品については、納期が長くなってしまう可能性がございます。あらかじめ、ご了承ください。
納品後
05納品後
定期的に訪問をさせて頂き、問題点をお伺いしながら、必要に応じて、随時最適なご提案をさせて頂きます。

ページトップへ

印刷データの対応について

※既製品へのオリジナルデザインのプリント・印刷をご希望の方
既製の手提げポリ袋ビニール袋(小判抜き袋・平袋、巾着袋、片ショルダー・リュック・ショルダ―バッグ)に、ロゴマークやオリジナル印刷・プリントを行いたい方は、「デジタル印刷」のページをご参照ください。


ページトップへ

ご入稿データを送信される場合

添付メールはできるだけ圧縮して、容量は最大3MBくらいにしていただけるようにお願いします。
CDやMOなどの媒体にて、送付お願いします。
メールでお送り頂く場合には webdatashimizu@shimizu-chem.co.jp へ添付メールお願いします。

重いデータは下記のファイル転送サイトもご活用ください。
http://www.filesend.to/

ページトップへ

紙・プラマークに関して

容器包装リサイクル法により、プラマーク、紙マークの表記が義務付けられています。
識別マーク(紙マーク、プラマークなど)の目的は、消費者がごみを出すときの分別を容易にし、市町村の分別収集を促進すること。
平成13年4月からプラスチック製容器包装と紙製容器包装が加わりました。

紙マーク、プラマークの詳細は 財団法人容器包装リサイクル協会の識別表示のHPをご覧下さい。
http://www.jcpra.or.jp/tabid/110/index.php

紙マーク、プラマークのデータは当社にございます。
デザインレイアウトでご使用の際はお気軽にご連絡下さい。
データをメールでお送りいたします。

紙・プラマーク

ページトップへ

ご注文、製品に関するお問い合わせなど、お気軽にご相談ください。