沿革会社案内

沿革会社案内

昭和33年 4月 清水多吉、有限会社清水紙工所設立
合成樹脂部を開設し包装用ポリフィルム・ビニール製品の
製造設備設置。
昭和35年 9月 樹脂部営業を主体とすべく設備を増設
昭和42年 11月 清水化学工業株式会社に改組
昭和42年 12月 資本金120万円に増資
昭和43年 3月 本社社屋・工場完成
昭和48年 12月 資本金480万円に増資
昭和49年 4月 茨城第一工場敷地取得
昭和50年 12月 資本金1200万円に増資
昭和51年 4月 茨城第一工場完成、稼動開始
昭和52年 4月 資本金2400万円に増資
昭和59年 8月 新本社社屋・流通倉庫完成
昭和59年 8月 茨城第一工場内に第二倉庫完成
平成3年 10月 日暮里に自社ビル取得
平成4年 7月 ショールーム開設
平成6年 4月 中国クリエイティブパック社と業務提携
平成11年 4月 清水多吉代表取締役会長、清水充代表取締役社長就任
平成18年 9月 常熟清水東南包装制品有限公司設立
平成25年 6月 協力工場、常熟市和潤塑料包装制品厂設立

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、従業員の在宅勤務を実施しております。一部出勤者がおりますが、お電話がつながりにくくなっております。お手数ですが、お問い合わせはcontact@shimizu-chem.co.jp、またはお問い合わせ・お見積りフォームよりご連絡をお願いいたします。お電話をいただいた際は、営業担当者より折り返しご連絡をさせていただきます。ZoomSkypeを利用したオンラインでの打ち合わせが可能です。ご不便をお掛けいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。