オーダーメイド
免税店用袋

目次

特徴

PR1
PR2
PR3
PR4

訪日外国人数は、2018年度には3,000万人を上回り年々勢いが増しております。
免税店登録件数も増加の一途をたどる中、広告宣伝をしていくことにより、店舗、観光地、ホテル、旅館、地方自治体のアピールを行っていく事が課題となっております。

ただ買ってもらうだけではなく、店舗や地域、取組みを知ってもらうこと。帰国後のアピール。ゆくゆくはリピーターになってもらうことにより、本当の意味での顧客獲得を目指すことが今後の課題となっております。

免税店用の既製品を製造・販売してきた当社だから開発できた、完全オリジナルでの別注対応の免税袋の製造が可能となりました。製品サイズや印刷内容の可能性を一気に広げ、一般的な買い物袋と同様に広告媒体としての使用を可能としました。

メリット

オリジナル免税袋はメリットがいっぱい!

  • 国産で、小ロット短納期も対応できます!
  • 手提げ穴の部分は3枚のフィルムを使う独自製法で補強!強度もあります!
  • 本体に空気穴を開けることにより、店舗での作業をスムーズにできます!
  • 底マチの有無も自由自在!
  • テープの剥離が簡単で、開封するとVOID「無効」の文字が浮き出ます!
    日東電工CSシステムの「トレセンサ」を使用しております。
  • ※価格は消費税抜き・送料別です。
    サイズ・仕様は一例です。ご希望に合わせた仕様で製作いたします。
    ご注文内容により価格が前後いたしますので、詳細についてはお問い合わせ下さい。

仕様

免税袋の遵守すべき点と、当社別注製品での対応について

  • プラスチック製であり、出国までに破損しない十分な強度を有すること。
    ※農産物の鮮度保持のために必要な大きさの穴開けは可能。
    【当社での対応】
    丈夫なポリエチレン素材を使用。袋下部に5mm大の穴を開けることにより、農産物の鮮度保持に加え、店舗での作業の簡素化を追求しております。
  • 無色透明又は、ほとんど無色透明であり、内容物の品名や個数が確認できる。
    【当社での対応】
    透明なポリエチレン素材を使用しております。
  • 開封した場合に、開封したことがわかるシールで封印すること。
    【当社での対応】
    剥がすと「VOID」の文字が浮き出るセキュリティテープを使用しております。
  • 出国まで開封しないこと等を日本語及び外国語で注意喚起すること。
    【当社での対応】
    様々なお客様に納品してきた実績より、注意書きの雛形をご用意しております。データをご用意頂けない場合でも対応可能です。

製品仕様

1.青いテープの裏から、買い物をした商品を入れます。

2.はくり紙をはがします。

3.フタをして、テープの部分を軽く押さえます。

4.開封するとOPEN VOIDの文字が浮かび上がります。

免税店以外でも様々な使い方ができます。

  • マラソン大会の貴重品袋に
  • 宅配便の保存袋に
  • ホテルや旅館の一時預かりに
  • 年始の福袋やセール用の袋に
  • お好みのサイズで製造でき、印刷内容も変えられますので、様々なシーンで使用できます。

印刷について

グレーの部分が印刷範囲になります。
袋の左右・下10mmは印刷範囲外となります。
また、テープの近くは印刷できません。テープの下は最高20mm余白が必要です。
袋の上部は取っ手の位置が様々ですので、袋の種類によって変わります。

詳しくはお問い合わせ下さい。
印刷範囲を超えてのデザインになる場合は別途ご相談ください。
但し、ご要望に添えない場合や追加料金がかかる場合がございますのでご了承ください。

  • 入稿データは完全データ(Illustratorデータ)の支給をお願いいたします。
  • Illustratorのバージョンは、CS3以下で保存し、文字は必ずアウトライン化してください。
  • データが無い場合は、別途ご相談ください。

消費税免税制度

消費税免税制度を活用した外国人旅行者の誘客を目的とし、平成26年10月1日から、従来免税販売の対象となっていなかった消耗品を含めたすべての品目が免税対象となりました。
消耗品が対象となることで、各地の特産のお菓子や地酒などの地場産品を外国⼈旅⾏者に買ってもらうチャンスであることから、消費税免税制度を活用した外国人旅行者の誘客を進めています。
国土交通省 観光庁Webサイト参照

法改正に伴う免税対象、販売方法の変更点

  • 従来免税販売の対象となっていなかった消耗品を含めたすべての品目が新たに免税対象となります。

    ※消耗品を含めたすべての品目:食品類、飲料類、薬品類、化粧品類その他の消耗品

  • 新しく免税対象となる消耗品を販売する際の包装の方法が決定されています。
  • 消耗品を免税で販売する場合は、外国人旅行者はその買い物した商品を日本を出国するまでに消費することはできません。

【包装の方法に関する詳細】

袋による包装

  • プラスチック製であり、出国までに破損しない十分な強度を有すること

    ※農産物の鮮度維持のために必要な大きさの穴を開けることは可。

  • 無色透明又はほとんど無色透明であり、内容物の品名や個数が確認できること

    ※確認出来ない場合は内容物の品名及び品名ごとの数量を記載又は記載した書面を添付する。

  • 開封した場合に開封したことが分かるシールで封印すること
  • 出国まで開封しないこと等を日本語及び外国語で注意喚起すること

箱による包装

  • 段ボール製、発泡スチロール製等であり、出国までに破損しない十分な強度を有すること

    ※農産物の鮮度維持のために必要な大きさの穴を開けることは可。

  • 内容物の品名及び品名ごとの数量を記載すること
  • 開封した場合に開封したことが分かるシールで封印すること
  • 出国まで開封しないこと等を日本語及び外国語で注意喚起すること

【納品に関しての注意点】

  • お客様が「免税店」の許可を受けた店舗でなければ使用できません
  • 無許可店舗での使用についての責任は負いかねます。

小ロット対応の規格袋もご用意しております。
 併せてご検討ください。